ゆうほ君の遊び歩記

リサイクルショップのスタッフが,しごとやあそびの中で感じた事を時々書いてます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来月こそは!

前回も書いた通り、段々と忙しさが増してまいりました。昨日の日曜日も「今日、出張買取に来て欲しい」と言う電話が何件かあり、その殆どが対応出来ずにお断り致しました。店にとって商品が集まる事は嬉しいのに、本当に残念です。日にち(曜日)が変われば、まだまだ対応できる日もあるのですが・・・・

この、ブログも色々と書きたい事もあるのですが、疲れてしまって思うように書けないのが実情です。
頻繁に更新される人はホント尊敬します。

3月こそは、もっと書けるよう頑張りたいです。
スポンサーサイト

けっこう、大変です!

2月も後半になると、引越しをする人が増えてきて、「物を売りたい」と言う買取り依頼の電話が増えてきました。そんなもんで、店の方も忙しくなってきて、帰る時間も遅くなったり、荷物(商品)が溢れる様に在って品出しが追いつかなくなってきたりと大変な毎日です。
当店では、出張買取も配達も同じスタッフでやっているので毎日行くことが出来ません。曜日で言うと、水曜日・金曜日・土曜日・日曜日の4日間だけです。1日に回れる件数は限られていますが、直ぐ来て欲しいとか、行けない曜日を指定される事も多くなってきたので、今は可能な限り対応したいと頑張っています。(それでも無理な時は無理なんですが)

そこで、お願いがあります。
殆どの方が引越しで、リサイクルショップに物を売るなんて初めてだと思いますが、引越業者と違って規模が小さいですから、中々全ての要求を満たすことが出来ません。
できれば、日程を考慮して、早め、早めにお問い合わせ下さい。
くれぐれも、「今引越し最中なので、直ぐ来てくれ」なんて無茶を言わないで下さいネ。

苗場の話は、又後日・・・・

苗場サイコー!

先日の17日、18日に一泊二日で苗場にスキーに行ってきました。
毎年スキーは、1シーズンに2~3回程行っているのですが、昨シーズンは膝の具合が今ひとつ良くなかったので1回も行きませんでした。なのでスキーに行く事が久振りなら、今回はブーツを新しくしたので、それも楽しみでした。
スキーブーツは経年劣化(ブーツのシェル[プラスチック]は年数が経てば強度が低下し最悪の場合は壊れてしまう事)するので、使用目安は5年ぐらいなのですが、私のブーツは壊れはしなかったものの、インナーのへたりがあったので、買って4~5年で交換しようと思っていたのですが当時使っていたメーカーのブーツがあまり売っていないメーカー(ライケル)だったので中々買い換えが出来なくて悩んでいたら、運良く店に同じメーカーのブーツが入ってきたのでそれを買って一昨年まで使っていたのですが、それもインナーがボロボロになってしまったので今回こそ、新品を買いに行きました。
それこそ10年振りにブーツ売り場に行った訳ですが、やっぱり新しいブーツは良いですね~。何より軽いし、履きやすい。ブーツの進化はあまり感じなかったが、ワイヤーで足を絞めるタイプがありましたが、昔リアエントリータイプのブーツでやっていた事の応用みたいで、今は楽なタイプが流行っているんだなぁと実感しました。

で、ここからが本題。
苗場は3年ぶりでしたが、色々サービスもあって最高でした。
ホテルは苗場プリンスにしたのですが、午前11時ぐらいに着いてチェックインは2時からなのに、すぐ部屋も使えたし、リフト券2日分付いて、夕・朝食付きで15000円ぐらいだったので、けっこう安かったのではないかと。しかし、大浴場を使うのに宿泊客でも600円取られたのはちょっと残念です。

本題に入ったばかりですが、明日に続く・・・・

モラルはドコに行った?

接客商売を長くしていて、最近感じるのは、一部のお客様なんですが、モラルに欠けた事をする人がいるなぁ~っと。  
少し前では考えられなかった事をする人もいたりして・・・・

じゃあ、どんな事があるのか。ヒロシ風にご紹介しましょう。

ゆうほ君です。
食べたお菓子の袋を店内に捨てるのは、可愛い方ですが、商品が並べている棚にゴミを置いたり、商品の影に隠すのは止めて下さい。分かりにくくて、アイスのカップが置いてあった時は軽く目まいがしました。

ゆうほ君です。
赤ちゃんの紙おむつをトイレに捨てるのは、まだ分かりますが(本当は困りますが)駐車場に置いて(捨てて)帰られると、ちょっと怒りが沸いてきます。

ゆうほ君です。
駐車場の自販機の空き缶用のゴミ箱に、ドライブスルーで買ったゴミを無理やり突っ込んでゴミ箱を一杯にしないで下さい。可燃も不燃もゴチャゴチャで片付けるのが面倒なのと、食べ残しがあると気分がブルーになります。

ゆうほ君です。
レジに500円の商品を持ってきて、いきなり「300円にして!」と訳の分からない強気の要求をしないで下さい。店の方針で値引きが出来いのです。

ゆうほ君です。
「リサイクルショップの癖に強気だな」とか言わないで下さい。中古本を扱う某大手「ブッ○オ○」とかでも、同じ事が言えるのですか?

ゆうほ君です。
同じ人ですが「このポットの箱要らないわ!」と言われて「店でゴミを捨てると一般家庭より高いので、箱入りギフト品はそのままお持ち帰り下さい」とお願いしているのに隣のご主人が「この店は、消費者の意思は無視か」と言わないで下さい。それは単なる、わがままです。

ゆうほ君です。
納得して帰ったと思っていたら駐車場の奥の店のトラックの駐車スペースにその箱を捨てていかないで下さい。そんなに箱を持って帰るのが嫌ですか。

あくまでも、ヒロシ風なのでネタ的に面白いかどうかは、別にして他にも色々ありますが、今回はここまで。

どうか、モラルの欠ける事ないようお願い申し上げます。

それって、常識じゃないの?

いゃ~、久々に仕事の話題が書けます。

家電製品のリサイクル品の場合、機能が複雑だと説明書がある(無くさずに置いている)可能性が高いのですが、無くても店の方で必要と思えば取り寄せして、新品の説明書を付ける事があります。しかし、冷蔵庫や簡単な機能しかない洗濯機など、説明書が無くても販売の時に一通り説明すれば問題なさそうな物はそのまま販売します。
今回はそんな、説明書が付いていなかった、冷蔵庫を買ったお客様からの問い合わせを2件ご紹介します。

ケース①昨年の11月に買ったのだが、最近冷凍庫の扉が閉まらなくなって、今はガムテープで扉が開かないようしているんだけど。

この場合考えられるのは、扉のパッキンが歪んだり外れたりか中の磁石が付かなくなってしまったか、最悪扉の不良か?しかし、あまり例の無い不具合なので念のため「冷凍庫の霜は取っていますか?」と聞くと「ちょっと前に取った」と言われたので、取り合えず伺う事にしました。
結果は。奥に付いた霜をそのままにしていたので、霜が氷になり、その氷の前に冷凍食品を置いていたので、氷がドンドン大きくなり、冷凍食品が押されて扉が閉まりにくくなったみたいで、冷凍庫の扉が少しでも開いていると、中の氷が更に大きくなるので、最後には扉が閉まらなくなるくらい、大きな氷の塊が出来てしまったらしい。
対処は、氷を溶かして、今後は霜取りを行って下さい。とお願いしました。

ケース②今日、冷蔵庫配達してもらったんだけど、動いていないと思うんだけれど?

電話にて、私が「コンプレッサーが動いていないのですか?」と聞くと「コンプレッサーって、何?」と「なんで動いていないと思うのですか」と聞くと「全然、冷えていないんです」「電源はいつ、入れられました?」「10~15分ぐらい前です」「冷蔵庫は電源を入れてもすぐには冷えませんよ。少なくとも、2~3時間ぐらいは様子を見て、それでも冷えないようなら、お電話下さい」と。その後、電話が無かったので、この件は問題無かったようです。

この2件のケースは、確かに説明書が在れば解る事かもしれませんが、説明書が無くても常識の範囲で解る事だと思っていたので、ちょっと驚きでした。今後も色々なケースがあるかもしれませんが、常にその人の側にたって考えなければいけない。と思いました。

オペラ座の怪人

先日、映画オペラ座の怪人を見てきました。

私が映画を映画館に見に行く条件は、大画面で見たくなるほどの迫力のある映像・家ではその良さを満喫するのが難しいと思われる、音楽。この2点のどちらかが、勝っていれば劇場で見たくなるのです。
まぁどちらも最近では、大型TVや、サラウンドシステムがあれば、そこそこ満足はするでしょうし、レンタルだと200円~300円で見れて安いし、しかもDVDだと画質や音も良いけれど、やっぱり映画館の迫力には負けるよね?だからこそ、これは!と思った物は映画館へ行くのです。

今回の映画は当然音楽これがポイント。題材はミュージカルだし、出来が良いと評判だったので早速見に行く事に。
物語は有名なので、大体の筋は知っていましたが、内容はいたってシンプルで、ちょっと?な、シーンも在りましたが、良かったと思います。

今まで見てきたミュージカル映画って、台詞の合間(盛り上がるシーン)で歌を歌うって感じなのに、この映画は、殆ど歌いっぱなしで、見応えは(聴き応え)は充分で、これを見て益々、劇団四季の舞台が見たくなりました。前々から見たかったのですが、なんせチケットが高いから今まで諦めていましたが、今年は奮発してみようかなっと。

陽気で楽しい映画ではありませんが、衣装や、舞台(シャンデリア)が豪華で、何より歌(特にヒロインが上手い)が素晴らしい映画なので、ぜひ劇場で見る事をお勧めします。ただ興味が無い人は、退屈に感じるでしょうが・・・・

グルメ・いちごって

1月の終わりに、初めてイチゴ狩りに行って来ました。実は私、イチゴってどちらかと言えば嫌いでして、単品はもとより、ショートケーキに乗ってたり、中に入っているのも除けて食べているくらいなんで・・
理由は、ひとつ「すっぱい」から。今まで食べてきたものはどれも酸っぱく感じて、どうしても美味しいとは思えなかったのですが、新鮮ないちごなら甘くて美味しいからと、強引に行くことになりました。

で、今回行った所は山梨県にあるグルメいちご館 前田さん。ここの売りは①完熟いちごのおいしさにこだわり、練乳なし。②食の安全にこだわり、無農薬栽培。③バリアフリーにこだわり、車椅子・ベビーカーでも入館できます。(パンフレットより一部抜粋)らしく、自分達で勝手に食べまくるのではなく、各々のエリアでロープで制限(区分け)され、その中で食べる事になります。

先ず最初にゴミ袋といちごを採るのに使うハサミを渡され(ここでは手で切らずにハサミで切ります)順路1の 章姫から。立ったままイチゴが採れるのでたしかに楽です。この章姫は、甘くて酸味の少ない品種らしのですが、はたして?  うん、美味しい。たしかに甘いし、酸っぱくない。で、館長に呼ばれるまで、そのエリアのイチゴは殆ど食べたのかな。
次は2段に別々に栽培しているエリアに案内されて、上段にさちのか下段にアスカルビー、とちおとめのラインナップ。まずさちのかをいただく、特徴は甘酢っぱくてジューシー(糖と酸のバランスが程よい)らしく形はちょっと歪ながら、とにかくデカイ!イチゴを食べていると言うより、別の果物を食べてる感じがする。
続いてアスカルビー特徴は大果でジューシー(酸味あり)果肉がルビーのように赤いから、この名前になったそうですが、私的にはジューシーだけど、他の物より酸味が強く感じた。それと毛(正しい言い回しかどうか分かりませんが)が長くてしっかり生えていて、それが不思議な食感に。
最後にとちおとめ特徴は程よい甘さ(酸味少ない)を、これが1番食べた品種でした。何て言うかイチゴらしいイチゴで、香り良く、甘味があって、食べやすい。ここでも館長に呼ばれるまで、食べていました。

次は高級品種のあかねっ娘別名(幻のももいちご)大手デパートでは12個が桐の箱に入って1万円近くで販売されているとか。さすがに、これは採り放題にはならず、館長が選別してくれた物を1人2個ずつ戴きました。あかねっ娘の特徴は、甘く桃の香り(酸味少ない)らしいが、手に取ってみると、ほんのり桃の香りがする。味もなんだか桃っぽいような、イチゴっぽいような、とにかく美味しい!ただそれだけです。
後、残っている品種は愛ベリー・紅ほっぺ・サラダイチゴですが、これは別料金なので今回は見送りに。

正直、他の何々狩りみたいに、お腹いっぱいになる事は無かったが、まぁこれがグルメって事なんでしょう。私以外のイチゴ好きの面々は、美味しさに感激していたし(私は初めて食べたのが、此処なので比較が出来ないが)苦手だったイチゴがあんなに食べられて充分満足して帰途につくことにしました。

最後に帰りに寄った地元の農作物(特にとうもろこし)を販売している道の駅は侮れないスポットと、付け加えておきましょう。

パンフレットより(章姫エリア)
20050205200204s.jpg

パンフレットより(さちのか・アスカルビー・とちおとめエリア)
20050205200225s.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。